◇ 銀杏並木は恋の登山口

シェアする

「私の母の知り合いに、とっても素敵なおばあちゃんがいるの」
「類は友を呼ぶか。君のお母さんも美人で魅力的だもんなあ」
「あら、それを聞いたら母がとっても喜ぶと思う、言っとくね」
「でも女の子は、父親に似たほうがいいと良く言うじゃない?」
「それがどうかしたの?」
「君はどっちかというとお母さん似だよね」
「何よ、父親に似てないから良くないというの?」
「いやいや、そうじゃないよ。……ホメタツモリナノニナア-」

「そのおばあちゃんが語ってくれた感動の話があるの。聞く?」

「ウン、最近感動するようなことって、見たり聞いたりしてないなあ」
「そのおばあちゃんの若い頃の話なんだけど、胸キュンの話なの」
「そう、若い頃っていくつくらいの時なの?」
「多分話からすると30歳前後かしらね」
「そうなんだ、女性として一番輝いてる頃だね」
「このベンチに腰掛けると、必ずと言っていい程その話を思い出すの」
「ヘエ~、君の脳裏に住み付いて離れないってことは、余程のことだなあ」
「フランク永井の、『公園の手品師』って歌知ってる?」
「えっ?いきなり何だよ!知らないなあ。それがどうかしたの?」
「そのおばあちゃんが、とても好きな歌なんですって」
「そうなんだ、いつ頃の歌なんだい?」
「ちょっと待って、スマホで調べて見るから」
「うん」
「1998年11月の発売みたいだから、今からざっと20年くらい前の歌ね」
「そっか~、そんなに古くっちゃ知らない筈だよ」
「歌詞の中の『銀杏は手品師 老いたピエロ』ってところが好きで」
「なるほど」
「特に3番の歌詞が好きみたいよ」
「3番の歌詞ってどんな詞なの?」
「ちょっと待って、え~と

風が冷たい 公園の
銀杏は手品師 老いたピエロ
何もかも 聞いていながら
知らぬ顔して
ラララン ラララン ラララン すましているよ
呼んでおくれよ 幸せを

と、こんな感じ」
「確かに、いいねえ~、なるほど、おばあちゃんはロマンチストなんだ」

「で、これからが良いところよ」
「うん」
「二人で銀杏並木のベンチに腰かけて、色々な話をしたみたい」
「えっ、二人?…お、恋人?」
「恋人と意識し出したのは、少し後みたいだけど、飾り気のない人で」
「うんうん」
「地域の登山愛好家の同好会に入ってて」
「ほー、登山愛好家ねえ~。登山愛好家に悪い人はいないからねえ」
「フフ、自分が良く登山するからって、そこまで言う?」
「それからどうなったの?」
「ある日、その同好会で近くの山に登山する事になって」
「うん」
「その男性に、一緒に登山してみないかって誘われたんですって」
「えっ、そのおばあちゃんも山登りが趣味だったのかい?」
「違うの、山なんて一度も登った事なんてなかったんですって」
「そっかあ~、じゃ彼の誘いを断ってしまった。経験がないからと」
「そうなの。それはそうよね、突然言われても、こればかりはねえ」
「うんうん。彼は残念がったろうなあ」

「ところが、そうならないのが面白いところよ。低い山だしピクニックと」
「同じようなもんだから、全然気にしなくても良いとか何とか熱心に説得した?」
「その時、おばあちゃんは、ある何か思いもよらない感情が身体中を掛け巡り」
「オ、オ~、で?」
「今まで経験したことのない、とても新鮮な感じが胸に突き刺さった感じがした」
「オイオイ、それって恋心じゃないのかい?きっとそうだよ」
「彼に対しては、近所付き合いで、しかも、幼馴染だから、そこまではね」
「それが、何だか知らないけど、得体のしれない感情の高ぶりを覚えた?」



「で、急に彼の誘いを受ける気になって、彼と一緒になって用具を買ったりして」
「そっかあ~、いやあ~、分るなあその気持ち」
「それまでは、彼に対する気持ちは、軽い好感度程度だったみたいなのね?」
「うん」
「ところが、実際に同好会に同行して登山してみて、もう有頂天」
「でも、初めてのことで辛かったろうに」
「確かにとてもきつい思いだったみたいだけど、それ以上にとても感激したみたい」
「山の頂上辺りで、彼に何か囁かれた?」
「すぐそちらに話を持っていくんだから」
「だって君の話の流れから推察すると、てっきり。……なんだ違うのか」
「当たり前でしょ?頂上からの景色に感動し、感激したのよ」
「分るなあ、その感激が病み付きの始まりなんだよな、たいがい」
「それよりも、おばあちゃんの話では」
「うん」
「この時、はっきりと何かが動き出したのを感じたんですって。胸の奥でね」
「彼に対する思いだな」
「そうなの。登山中の彼の言動や優しい心に、胸を打たれ感動したそうよ」
「そうか。良かったじゃないか。今度は本物の恋心が動き出した。きっとそうだよ」

「物語はこれからが始まりなの」
「おっと、そうか、ベンチの話?」
「そう、それから彼としばしば会うようになったある日のこと」
「とうとう、彼に愛を告白された。いいねえ、ドラマのクライマックスだ」
「何よ、一人で悦に入って」
「で、ある日のこと、何があったの?」
「あのね、二人で銀杏並木のベンチに掛けて、いつものように話してたの」
「うんうん」
「そしたら彼が『歳をとってからも、二人でこのベンチで話し出来るといいね』と」
「オオ~、やったね、いいねえ、何と言う素晴らしいフレーズのプロポーズだ」
「その話を聞いた途端、わたし泣けてきて、何だか胸が熱くなってしまった」
「だろうなあ、やるねぇ~彼も。うんうん素晴らしい!」
「その言葉を彼から聞いて、感極まって彼に抱きついたそうよ」
「それはそうだろう、おばあちゃんにとって、最高の喜びだもんなあ。ウンウン」
「人生でこれ以上に喜びはないと思ったそうよ。女として幸せの絶頂よね」
「それは良かったなあ、うん、良かった」
「ここまでの話を聞いて、胸キュンになった」
「うんうん、だよなあ。で、そのおばあちゃんには子供は?」
「まっ、デリカシーの欠如!いきなり現実?……子供が3人で、孫が5人いるみたい」
「父親の登山愛好家、おじいちゃんだね。今も元気なのかな?」
「あのね、その人が父親じゃないのよ」
「オイオイ、嘘だろ?だって、あの素晴らしいプロポーズ」
「そうなんだけど、……暫くしてから彼天国に行ったの」
「えっ、ほんとかよ!どうしたのさ。………冗談だろ?」
「山で遭難して……」
「遭難?……遭難?……ほんとかよ……何てことだよ。ワーー、何てことだよ……」



「おばあちゃんは、絶頂から奈落の底に突き落とされて、自殺まで考えたみたいよ」
「……」
「立ち直るのに何年もかかったみたいよ」
「……」
「おばあちゃんは、自分の気持を押し殺したような感じで、私に話してくれたの」
「そして、目にいっぱい涙を浮かべてね。……もう、もう、とても可哀想だった」
「……」
「私も貰い泣きしちゃった。とっても悲しい思いがしたの。それにしても、…ねえ」
「そうだよなあ、そんな人生が降りかかるなんて、人生って分らないもんだなあ」
「……」
「考えてもごらんよ、最愛の人が突然目の前からいなくなるなんて」
「ああ、ヤダヤダ、そんなの絶対嫌だ!」
「だよな」
「考えたら。似たようなことは誰にでも起こるようなことよね」
「だよな、お互い気をつけなくっちゃな」
「おばあちゃんが、暗に人生の何たるかを教えてくれたのかしらね」
「そうかもな。だから、君にとっては、忘れがたい話になったって訳だね」
「そうなの、だから、いつもこのベンチに掛けると思い出すのよね」
「そっかあ、でも、どうしてこの話を君にしようと思ったのかね」
「多分、私と同じような歳の頃の出来事だから、話す気になったのじゃないかなあ」
「かもな。でも、この話、今の彼に話した事あるのかなあ」
「それはないみたいよ、今の旦那さんには、話さないほうが良いと思ったみたい」
「どうしてだよ、話しておくべきじゃないかなあ」
「でも、おばあちゃんにしてみたら、心の奥底にそっとしまっておきたいのかも」
「いやあ分るなあ、かけがえのない想い出の一ページだしね。誰にも話したくない」
「それでも、私だけには話してくれた。その気持ちを大事に私は生きて行きたい」

「うんうん、だね。いい事だね。それにしても今日はいい話が聞けた。サンキュ」
「熱心に聞いてくれて、私も嬉しいわ」
「一つ質問があるんだけど、いいかな」
「あら、いいけど、何」
「もしも君の最愛の人が、おばあちゃんと同じような事になったらどうする?」
「嫌なこと尋ねるわね。そんなの考えたくもないわ。お答えできません」
「ん?……あ、君にはまだ最愛の人っていない?ん?無理な質問だったかな?」
「まあ、失礼ねぇ。いるとかいないとか関係ないでしょ?」
「そう言われればそうだな。ああ、俺もバカな質問するんじゃなかった」
「いえ、そうでもないわよ、そういう事が起きた時の心構えが出来たから」
「なるほど、物事を良い方に考えるのが、君の魅力の一つだよな。うんうん」

「お断りしておきますけど、さっきの素敵なフレーズは、私には言わないでね」
「おっと話が急カーブだ。念のため聞くけど、どうしてそう思うの?俺が嫌い?」
「そういう事じゃないの、絶対に死んでほしくないから」
「えっ、あのフレーズを言った人は、みんな死んでしまうってこと?」
「バカねえ~、イッテルイミガワカラナイノ?……死んでしまったら、私が困るからよっ」
「おーー、泣けるねえ~。嬉しいことを言ってくれるじゃないか」
「マダワカッテナイ。ホントハ……」
「君もたまには嬉しいこと言うんだ!」
「フフ、あなたって本当に楽天的でノー天気な所もあるけど、憎み切れない人ね」
「アハ、お褒めにあずかって恐縮です。ハイ」
「モー、コノヒトノ、ノウノコウゾウガワカラナイ。デモ、フフ、タノシイ」