◇ 耐震設計5つのチェックポイント(概略説明)

このデータは家の耐震上きわめて重要なデータばかりです。
プランが確定した段階で、依頼先の設計事務所や工務店に次のデータを提出してもらって下さい。そして、耐震上の細かい説明を受けてください。以下は概略の説明です。
参考 耐震設計5つのチェックポイントの詳細はコチラ

1.柱の直下率
建物の柱の総本数のうち1階と2階の柱が一致している割合
◆通常50%以上が目安です。

2.間仕切り直下率
延べ間仕切り壁長さのうち、1階と2階の間仕切りが一致している割合
◆通常60%以上が目安です。

3.耐力壁の直下率
筋違入壁の延長さのうち、1階と2階の筋違入壁が一致している割合
◆通常50%以上が目安です。

4.耐力壁量計算
床面積による数値と、見付面積による数値のどちらか大きいほうの数値よりも、1階、2階共に実際の合計数値のほうが上まわっていなければなりません。
5.耐力壁偏心率
建物の中心座標(重心)と耐力壁(筋違入り壁)の中心座標(剛心)から偏心量を求め、その偏心量を建物の間口及び奥行で除した数値。筋違をバランス良く入れるための指標となるもので耐震設計上最も重要とされています。
◆通常15%以内が目安です。

トップへ戻る